menu

theo(テオ)の利用準備 | theo(テオ)を使ってみたい!始め方ナビ

HOME » 始め方ナビ » theo(テオ)の利用準備

theo(テオ)の利用準備

はじめてtheo(テオ)を使う時に何か必要な準備などあるでしょうか?
あまり厳密な用意は必要ないのですが、できていた方がより利用がスムーズとなることがありますからいくつかご紹介しましょう。

まずtheo(テオ)を利用するには身分証明書が必要になります。
完全に在宅で利用できるサービスになるのですが、登録時には必要な身分証明書をアップロードする形で提示するのです。
このときに必要な書類を用意しておくとスムーズです。

身分証明書といえば運転免許証やパスポートなどがありますが、これらは手元にあってすぐに出せる方も多いですよね。
これ以外に用意したいものとして個人番号がわかる書類があるのです。
マイナンバーカード、個人番号の通知カードなどです。
これらは運転免許証のように毎日使っている方ばかりではないでしょう。
普段はまったく使っていない方もおられますよね。

個人番号がわかる書類はtheo(テオ)の利用のために必ず必要ですから準備しておくといいです。
マイナンバーカードがあると提示が必要な書類が少なくなって手間が軽くなりますから、もしこのカードを持っている方はこれを用意しておくといいです。
このカードを持っていない方は個人番号の通知カードを用意してください。
どちらもない方は個人番号入りの住民票でもこれを代用できますが、これが最初から手元にある方は少ないですよね。
マイナンバーカードも通知カードもない方はこちらをあらかじめ用意しておくとtheo(テオ)の利用もスムーズです。

このように登録に必要な準備のほか、theo(テオ)を利用する際には銀行口座を登録します。
積立投資の引き落としや出金先の口座として使うのです。
すでに銀行口座をいくつか持っている方は多いでしょうが、その中でtheo(テオ)の利用のために使う口座を1つ選んでおくといいでしょう。
その口座の支店名や口座番号なども必要になるため、選んだ口座の情報を控えておくといいです。

このような準備を進めておくとtheo(テオ)の利用もスムーズとなります。
最後にこのサービスに登録するときには自分の年収や持っている資産の金額を回答する必要があります。
これらはできるだけ正確に答えられた方がtheo(テオ)の運用方針の精度が上がります。
年収などは把握されている方も多いでしょうが、自分が今合計いくら資産を持っているのかは、正確にはわからない方もおられるでしょう。
そのような方は定期預金の口座なども含めて確認して今自分が持っている資産の金額も把握しておくといいです。