menu

theo(テオ)の利まわり | theo(テオ)を使ってみたい!始め方ナビ

HOME » 始め方ナビ » theo(テオ)の利まわり

theo(テオ)の利まわり

投資をするときは基本的にリターンを求めますよね。
theo(テオ)に投資するとどれくらいの利まわりを期待できるのでしょうか?
これについては何%とはっきり言うことはできないのですが、5%前後の利まわりは期待できるとよく言われています。
なぜ利まわりの数字をはっきり言えないのかというと、まずはこの投資は貸付ではないためです。

もしこれが貸付なら利回りは何%とある程度決まっています。
なぜならお金の貸し借りをする際には事前に金利を決めるためです。
その金利がお金を貸した方にとってのリターンになるため、それがどれくらいの利まわりになるか事前にある程度予想できるのです。

しかしtheo(テオ)で行われる投資は金融商品の運用になるため、それを運用した結果どれくらいのリターンがあるかはやってみないとわかりません。
そのため利まわりは何%だとはっきりとは言えないのです。
もちろん個別のケースで投資プランを立てますので、そのプランで予想される利まわりがどれくらいかはわかります。
ただこれは個人の状況に応じてプランが変わるため、利用者それぞれで予想される利まわりも変わってくるのです。

このようなことからtheo(テオ)の利まわりは何%とはっきりとはいえないのですが、平均的な期待利まわりは5%前後だとはよく言われています。
これくらいの利まわりはこのサービスで期待できると言われていますから、これを目安にしてサービスの利用を判断するといいでしょう。

自分の状況で予想される利まわりがイマイチだったときは、どうしたらいいのでしょうか?
予想はあくまで予想で、それよりももっとよくなることもあるのですが、やはり予想値自体がイマイチだと貴重なお金と時間をかけて運用しても、いい結果を得られない確率は高くなりますよね。

theo(テオ)では運用プランはこのサービスにおまかせすることが推奨されていますが、自分で投資プランを設定することも可能です。
もちろんこれは運用リスクなどもすべて自分で調整する必要があるため、経験者にオススメされている方法ですが、仕組みとしてできなくはないのです。
theo(テオ)から提案されたプランの予想利まわりがイマイチならリスクも含めてすべて自己責任で自分で運用プランを立てるのも考えるといいでしょう。

ただし、やはりtheo(テオ)がすべて自動で設定したときよりもリスクが高くなりがちですから、投資初心者にはおすすめできません。
投資を自分の責任でできる方に限り、このような方法もあることは知っておくといいでしょう。