menu

theo(テオ)の自動発注 | theo(テオ)を使ってみたい!始め方ナビ

HOME » 始め方ナビ » theo(テオ)の自動発注

theo(テオ)の自動発注

金融商品に投資するときには自分が投資したい銘柄の発注が必要になりますが、それについてtheo(テオ)を利用する限りは心配ありません。
そこはロボアドバイザーが自動発注してくれるため何もしなくてOKなのです。
本当に何もしなくていいとはあまり思えないかもしれませんが、これについては本当に何もする必要なしです。

まず発注する銘柄のリストアップなどは必要ありません。
これはtheo(テオ)の方で自動的にリストアップしてくれます。
そして実際に発注する手続きなどもすべて自動です。
ユーザーが手動で発注手続きなどをする必要はありません。
何もしなくてもtheo(テオ)の方で実際に発注し、自分がそれを運用していることになるのです。

発注するときはタイミングも大事ですが、これもtheo(テオ)が最適なタイミングで発注してくれます。
タイミングが大事なのはこれら金融商品は目まぐるしく値段が変わっているため、発注のタイミングによって値段が変わるためですね。
自分でこれを発注するときはタイミングを見極めるのは大変ですし、実際の損得以上にいつ発注すればいいか非常に迷う方も多いです。
そこをtheo(テオ)は自動発注で対応してくれます。
AIが合理的に対応してくれますから、人力でやると非常に悩ましい状況でもうまく最適な状況で発注してくれますよ。

このように自動発注機能があるため、初めて投資に挑戦する方でも特に苦労なく投資ができるのです。
具体的にやるべき作業が特にないのですね。
このような点がtheo(テオ)の人気のポイントです。
発注手続きやそのタイミングについてユーザー側で特に知識やスキルなどなくても問題ありません。

ただ、theo(テオ)の使い方として自動発注がされるには利用登録をきちんと終えており、運用方針の確認なども終えた上で入金が終わっていることが必要です。
まず利用登録が正式に終わらないと利用はスタートできません。
まだ登録が終わっていない方は登録完了を待ってください。
そして登録が完了したら入金しましょう。
入金したら自動発注されて運用がスタートします。
最低投資額は1万円となります。
比較的少額ですからひとまず運用を始めたい方は最低でも1万円を入金してください。

このときに入金した金額分を自動発注しますから、運用を希望しない金額は間違って入金しないように注意してください。
事情が変わって投資できる金額を変えたいときは自動積立の設定なども変更しておきましょう。
この点に気をつければ初心者でも自動発注機能を使ってtheo(テオ)で投資ができます。