menu

theo(テオ)での運用プラン | theo(テオ)を使ってみたい!始め方ナビ

HOME » 始め方ナビ » theo(テオ)での運用プラン

theo(テオ)での運用プラン

投資するときには運用プランが大事ですが、theo(テオ)ではどのようになるのでしょうか?
これについて基本的にはtheo(テオ)へのおまかせプランとなります。
これはどういうプランかというと、その名前の通りこのサービスが基本的なプランを立てて実行してくれるのです。
このプランになっているときはリバランス等も自動でやってくれるため、基本的にユーザーが何か運用のためにやるべきことはありません。

これがtheo(テオ)の基本的なプランとなります。
そしてこれを最初から希望している方も多いでしょう。
theo(テオ)は最近注目を集めているロボアドバイザーの1つになります。
ロボアドバイザーとは運用プランの立案や修正などをAIが自動でやってくれる最新技術を用いたサービスですよね。
これまでは投資について専門知識やスキルが必要だったところ、そこをAIが代わりにやってくれるため初心者でも投資にチャレンジできるようになりました。
しかもただチャレンジできるだけでなく、AIによる合理的な運用によりきちんと利益も期待できるのです。
このようなサービスを利用したいからこそtheo(テオ)に登録した方も多いでしょう。
すべてをAIがやってくれるというその評判通りのサービスを利用したいときは、プランは基本的におまかせにしておくのがおすすめです。

なお、theo(テオ)でも運用プランを手動で変更する方法もないわけではありませんが、投資初心者の方には基本的におすすめされていません。
やること自体はもちろん可能です。
もしやりたいときはtheo(テオ)のマイページから変更します。
資産の運用に関するメニューの中から運用方針に関するメニューを選びます。
するとプランを変更できるのです。

基本的にはおまかせになっているはずですから、まずはこれを停止します。
そして資産運用方針の変更画面に移行したら、具体的にどんな運用プランに変更したいのか、手動で調整してください。
この調整が終わったら変更するというメニューを選ぶことでその変更が適用されます。
このように手動でプランを具体的に調整もできるのですが、運用を開始したあとにできる調整は年に2回までです。
3回以上の変更はできません。

手動で運用プランの調整がしたいときは、なるべく運用を開始する前にやるといいです。
このときにやる手動の調整は変更回数としてカウントされないのです。
そのため何度でも運用プランを調整していけます。
ただし一度運用を開始すると調整できるのは年に2回だけですから、手動で調整したいときは注意してください。
このように変更も可能ですが、投資初心者の方はtheo(テオ)のプランについて基本的におまかせにしておくのがおすすめですから注意してください。